贔屓 泰山石敢當 (たいざんせきがんとう)小

販売価格 3,780円
購入数

貯蓄や家賃収入など、安定した財を望む方にオススメ!!
風水アイテムの中でも珍しい、知る人ぞ知る金運アップアイテムといえば「贔屓(ヒイキ)」☆
貯蓄や給料など、変動の少ない財である正財を集めるのが非常に得意なことで知られる龍亀にそっくりですが、贔屓は、その背中に石柱や石碑などを背負い、太い首でしっかりとその重さを支えています。
「贔屓」という名称の中には財を表す「(財)貝」の文字が「贔」の中に3つ、さらに「屓」の中に1つ入っています。
これは、贔の方が「限りなく多くの財」を意味し、屓の方が「家の中にある財を守る」という事を意味しています。
贔屓は、風水で最も基本的な神獣である龍が生んだとされる九頭の子孫の内の長男とされています。
もちろん贔屓単体で置いても良いですが、正財を集めるのが得意な「龍亀」や、変動のある偏財を集めるのが得意な「ヒキュウ」などの招財風水アイテムと並べて置くことにより、「そのつかんだ財を外に漏らさない」事も期待出来るでしょう。
さらに!
風水贔屓が背中に背負っているのは「泰山石敢當(たいざんせきがんとう)」。
泰山石敢當は、中国発祥の風水アイテムで、日本では主に沖縄や鹿児島に多く見られます。
特に、
・家に向かって道路が直射している場合
・家の前の道路が三叉路になっている場合
・道路の突き当たりに家がある
などの「路冲殺(ろちゅうさつ)」にあたる場合には、この『泰山石敢當』が超オススメ☆
路冲殺にあたるお宅では、邪気や殺気が家内に向かってくるため、運気の低下や交通事故、怪我などに注意が必要とされています。
そんな場合にはこの泰山石敢當。
泰山石敢當の文字の横に刻まれているのは家内安全を願う「鎮宅之宝(ちんたくのたから)」。
金運アップ・財運アップに加えて殺気除けや家内安全を願う風水アイテムとしても吉!
[サイズ]
約幅4×奥行き7.5×高さ8cm
樹脂製

【贔屓の置き方について】
・金運アップ、財運アップ、また家内安全を願う場合は、玄関扉を入ってすぐの場所に贔屓の顔が外方向へ向くように置いて下さい。(玄関扉を入ってすぐの場所であれば右側でも正面でも左側でも構いません)
金庫の上や財布を置く場所に置くのも良いでしょう。
更に!!!強力なパワーを望むときは「龍亀」や「ヒキュウ」などの招財風水アイテムとペアで置いてください☆
・路冲殺による殺気除けを願う場合は、家の外の壁や塀の前もしくは上に置いて、文字を道路の方向に向けて下さい。

Your recent history

Best sellers

About the owner

中井耀香

1964年生まれ。 高知県生まれ、埼玉、石川育ち、現在、福井市在住。 二十代の頃中国占術と出会う。 以来、中国超心理学の台湾の老子より門外不出の子平推命を学ぶ、四柱推命の元と成る占術。 玄空飛派風水、紫微斗数、断易など様々な中国占術を習得。 中国占術にとどまらず、日本の古神道の伝承者より、神道数秘術を学ぶ、 神道の音霊、言霊、型霊、色霊、を学び 古神道の流れを組む、数多くの神道家に秘伝の神事を学ぶ。 中国占術と神道の数秘術を融合させ、鑑定を行う。 四盤掛け、姓名からの周波数のメッセージを観じ、特定の流派に属さず、独自の立場で研究する。 世界のS級の風水マスターから風水術を学び、日本中の神社の中に隠れた風水術を観じ、独自の縄文風水を作り、多くの方の場のエネルギーをイヤシロチにするお手伝いをする。 心理学やコーチングのノウハウも取り入れ、 カウンセリングをしながら鑑定することを特徴とする。 自身もコミニケーションビジネスを起こし、 1万人の顧客の囲い込みと10億円の売上に成功する。 現在は、多くの企業コンサルタントの他、 個人の気質に合ったコミニケーションの取り方のトレーニングを行い、 講演活動も精力的にこなしている。 <講演実績> ・和暦数命、和暦で観る自分の使命と運の流れ ・ 人間関係を円滑にする、色分け人間学。人のタイプは赤、青、黄色の3つだけ。其々大切にしている価値観、喜び、怒り、悲しみの感情のスイッチを知ると部下も上司も円滑に動き出す ・ 禊ぐ生き方、要らない物と、要らない習慣、美そぐとお金と運動がやって来る。 ・ 干支の活学、今年の氣の流れを知り経営に活かす ・ 「内観」に学ぶ、自分の心のおき場所 親も自分も、過去も他人も変えられる ・ 生活に活かす「易学」、五行に学ぶ自分と他人の関わり方 ・ 古神道の霊(たま)の秘密、数霊、音霊、言霊を使って神と繋がる法則。 ・組織を作るコツは水戸黄門に学べ   などです。 これまで、政治家や経営者から夫の浮気に悩む主婦まで、 約1万5000人の相談にのり、人生を好転させてきた。 一児の母。

Blog