アンティーク羅盤 赤

販売価格 10,800円

SOLD OUT
持ち運びに程よいサイズの羅盤をいつも携帯して、吉凶方位を判断☆本格派の雰囲気たっぷりのアンティーク仕上げです!
羅盤は、方角の吉凶を調べるだけではなく、磁場のエネルギーを調節して安定させたり、気になる場所に置き運気が低下している家や人の運気まで上昇させるのに適しています☆ 
日本では普通、方位磁石は針が「北」を指しますが、羅盤では針は「南」を指します。
中国の羅針盤は、『南』が基本となっており、風水でも南を重視するために、中国の羅針盤・コンパスなどは矢印が南を向く、または赤い針が南を向くように設計されています。
また、昔の皇帝が、南に進軍する際に常に南を指すコンパスを作らせた、という説や、風水学の基となる五行思想では、南が“赤”を表すために、南を指す、という説もあります。
羅盤は中国四大発明(羅針盤・火薬・紙・活版印刷)と言われます。
文献に残っている最古の方位磁石として、紀元前の春秋戦国時代に磁石の作用に気付いて作られた“司南之杓(しなんのしゃく)”と言われる方位盤が基となり、羅針盤へと発展し、後にヨーロッパ大航海時代に役立てられるようになりました。
風水師にはかかせないアイテム。小型でスタンダードな羅盤です。
アンティーク仕上げになっているため、お部屋のインテリア小物としてもオシャレで、かつ、本格派の雰囲気が漂っています。
アンティーク化粧箱の表面の図柄は龍(=陽)と鳳凰(=陰)が向き合うデザインとなっています。
龍と鳳凰は、風水では、幸運を招く吉祥動物。陰と陽の象徴である龍と鳳凰が向かい合い太極を作り出しています。周囲の気を安定させ、運気を活性化させる作用があるとされ、置いておくだけでも家内や店舗、会社をパワースポット化させるアイテムとして、また「気の安定盤」としてご使用いただけます。
(アンティーク化粧箱内部の図柄は一品毎に異なります。予めご了承下さいませ。)
[サイズ]
羅盤幅:約8cm
アンテイーク化粧箱幅:約9.2cm
木製アンティーク仕上げ
[※※※ ご注意 ※※※]
化粧箱のみでなく、羅盤本体もアンティーク仕上げとなっております。一見汚れているように見えますが、中古品ではなく全て新品でございます。中の羅盤もきちんとご使用いただけます。「イメージと違った」などの理由による返品や交換には対応致しかねますこと、予めご了承下さいませ。

Your recent history

Best sellers

About the owner

中井耀香

1964年生まれ。 高知県生まれ、埼玉、石川育ち、現在、福井市在住。 二十代の頃中国占術と出会う。 以来、中国超心理学の台湾の老子より門外不出の子平推命を学ぶ、四柱推命の元と成る占術。 玄空飛派風水、紫微斗数、断易など様々な中国占術を習得。 中国占術にとどまらず、日本の古神道の伝承者より、神道数秘術を学ぶ、 神道の音霊、言霊、型霊、色霊、を学び 古神道の流れを組む、数多くの神道家に秘伝の神事を学ぶ。 中国占術と神道の数秘術を融合させ、鑑定を行う。 四盤掛け、姓名からの周波数のメッセージを観じ、特定の流派に属さず、独自の立場で研究する。 世界のS級の風水マスターから風水術を学び、日本中の神社の中に隠れた風水術を観じ、独自の縄文風水を作り、多くの方の場のエネルギーをイヤシロチにするお手伝いをする。 心理学やコーチングのノウハウも取り入れ、 カウンセリングをしながら鑑定することを特徴とする。 自身もコミニケーションビジネスを起こし、 1万人の顧客の囲い込みと10億円の売上に成功する。 現在は、多くの企業コンサルタントの他、 個人の気質に合ったコミニケーションの取り方のトレーニングを行い、 講演活動も精力的にこなしている。 <講演実績> ・和暦数命、和暦で観る自分の使命と運の流れ ・ 人間関係を円滑にする、色分け人間学。人のタイプは赤、青、黄色の3つだけ。其々大切にしている価値観、喜び、怒り、悲しみの感情のスイッチを知ると部下も上司も円滑に動き出す ・ 禊ぐ生き方、要らない物と、要らない習慣、美そぐとお金と運動がやって来る。 ・ 干支の活学、今年の氣の流れを知り経営に活かす ・ 「内観」に学ぶ、自分の心のおき場所 親も自分も、過去も他人も変えられる ・ 生活に活かす「易学」、五行に学ぶ自分と他人の関わり方 ・ 古神道の霊(たま)の秘密、数霊、音霊、言霊を使って神と繋がる法則。 ・組織を作るコツは水戸黄門に学べ   などです。 これまで、政治家や経営者から夫の浮気に悩む主婦まで、 約1万5000人の相談にのり、人生を好転させてきた。 一児の母。

Blog

LINE@で友だち追加