四神相応円盤

販売価格 30,000円(税抜)
購入数

四神の守護獣が円盤になっています。
『四神相応』とは、風水の四大原則と言われる「龍」「穴」「砂」「水」を満たす場所のことで、いわゆる「パワースポット」といわれる場所にあたり、健康も財も仕事も家庭も、ありとあらゆる運気が上がるといわれています。
ちなみに、地図を見ると分かりますが、日本国内で一番大きな龍穴(パワースポット)がある場所は三重県の伊勢神宮とされ、また、794年に出来た京都の平安京が代表的な「四神相応の地」といえます。
しかし、風水の四大原則(「龍」「穴」「砂」「水」)を備えた理想的な場所(土地)というのはそう簡単に見つかるものではございませんし、「風水上理想的な場所が見つかったから引越ししよう。」というのは現実問題として、困難ですよね。
場所(土地)的に難しいとなれば、個々の家や会社で考えて、四神相応のアイテムを配置するのがベターです。
家の中心から見た東西南北の各方位に、この四神相応の円盤を掛けるだけでOKですので、手軽にご利用いただけます。
家内をパワースポット化して運気アップ♪

【四神相応の円盤の掛け方について】
家や会社の中に「風水の四大原則(「龍」「穴」「砂」「水」)を備えた理想的な場所(=四神相応の地)を作り出すアイテムとして、
・東―青龍砂としての守護獣「青龍」
・西―白虎砂としての守護獣「白虎」
・南―水(川)としての守護獣「朱雀」
・北―龍脈(山)としての守護獣「玄武」
があり、各々の方位に四神獣の種類を合わせて配置します。
これであなたのお部屋も風水上の理想的な環境に☆

[サイズ]
全体サイズ:長さ約66cm×幅28cm
円盤サイズ:約直径28×厚さ1.5cm

樟木製(樟木特有の強い香りがございます。予めご了承くださいませ。)
※木製の為、一部割れやヒビ、また木目による継ぎ目や色の差異が生じている場合がございます。
予めご了承下さいませ。

Your recent history

Best sellers

About the owner

中井耀香

1964年生まれ。 高知県生まれ、埼玉、石川育ち、現在、福井市在住。 二十代の頃中国占術と出会う。 以来、中国超心理学の台湾の老子より門外不出の子平推命を学ぶ、四柱推命の元と成る占術。 玄空飛派風水、紫微斗数、断易など様々な中国占術を習得。 中国占術にとどまらず、日本の古神道の伝承者より、神道数秘術を学ぶ、 神道の音霊、言霊、型霊、色霊、を学び 古神道の流れを組む、数多くの神道家に秘伝の神事を学ぶ。 中国占術と神道の数秘術を融合させ、鑑定を行う。 四盤掛け、姓名からの周波数のメッセージを観じ、特定の流派に属さず、独自の立場で研究する。 世界のS級の風水マスターから風水術を学び、日本中の神社の中に隠れた風水術を観じ、独自の縄文風水を作り、多くの方の場のエネルギーをイヤシロチにするお手伝いをする。 心理学やコーチングのノウハウも取り入れ、 カウンセリングをしながら鑑定することを特徴とする。 自身もコミニケーションビジネスを起こし、 1万人の顧客の囲い込みと10億円の売上に成功する。 現在は、多くの企業コンサルタントの他、 個人の気質に合ったコミニケーションの取り方のトレーニングを行い、 講演活動も精力的にこなしている。 <講演実績> ・和暦数命、和暦で観る自分の使命と運の流れ ・ 人間関係を円滑にする、色分け人間学。人のタイプは赤、青、黄色の3つだけ。其々大切にしている価値観、喜び、怒り、悲しみの感情のスイッチを知ると部下も上司も円滑に動き出す ・ 禊ぐ生き方、要らない物と、要らない習慣、美そぐとお金と運動がやって来る。 ・ 干支の活学、今年の氣の流れを知り経営に活かす ・ 「内観」に学ぶ、自分の心のおき場所 親も自分も、過去も他人も変えられる ・ 生活に活かす「易学」、五行に学ぶ自分と他人の関わり方 ・ 古神道の霊(たま)の秘密、数霊、音霊、言霊を使って神と繋がる法則。 ・組織を作るコツは水戸黄門に学べ   などです。 これまで、政治家や経営者から夫の浮気に悩む主婦まで、 約1万5000人の相談にのり、人生を好転させてきた。 一児の母。

Blog